リニューアルしたNTT東日本の速度測定サイトはここが変わった!

NTT東日本で以前からあった「サービス情報サイト」内の「速度測定サイト」が2019年10月30日にリニューアルしていました。
どの辺が変わったのか画面を見ながら解説していきます。

1.フレッツ網だけでなくインターネット区間も測定できるようになった

今までの NTT東日本の「サービス情報サイト」内の「速度測定サイト」 はユーザの端末から、フレッツ網内までの測定でした。
要はプロバイダ(ISP)を経由しない区間の測定のみでした。(下図)

図からも分かるように今回はインターネット区間も測定できるようになりました。ISPを経由して測定しているので実際のインターネット速度(実効値)に近い数値がでると思われますので試していきたいと思います。

2.実際の速度測定画面は

1. NTT東日本の「サービス情報サイト」 にアクセスします。
https://flets-east.jp/」 ←サービス情報サイト(NGN IPv6)のURL

     「サービス情報サイト」のTOP画面

2.画面上部のお知らせに「速度測定サイトのリニューアルについて」を選択します。
(下段の「フレッツ光 通信速度測定」はフレッツ網内のみの速度測定になります。)

3.リニューアル後の速度測定サイトのURLを選択。
 (https://www.speed-visualizer.jp
 すると下記のようなページが表示します。

都道府県を一覧から選択
ISPを一覧から選択

4.「SPEED TEST」の画面が出たら「都道府県」や「ISP」を選択します。
他に契約しているサービス、戸建かマンションか、有線かWi-Fiか選択し
利用規約に同意するにチェックを入れ「測定する」を選択します。

5.すると「SPEED TEST」の画面 に移動し測定結果が表示されます。

3.測定結果は?

インターネット区間とフレッツ網内のそれぞれの「IPv4」と「IPv6」速度測定結果が表示されています。

ひとつ気になるのが「インターネット区間」よりも「フレッツ網内」の速度が遅くなっていることです。普通はISPを経由していない分だけ「フレッツ網内」の方が速い結果が出るものですが、何度測定しても「インターネット区間」の方が速度が速い結果となりました。

この測定環境は回線がフレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ(下り最大200M、上り最大100M)を利用していますが、ISPがBIGLOBEの「v6プラス」を利用しているので「IPv6」だけでなく「IPv4」もダウンロードが300Mbps以上でています。

「v6プラス」にする前は、光回線なのに夜になると1Mbpsぐらいしか出なかったので「ADSLかっ!」ってツッコミたくなるほどの遅さでした。今は十分ですね。

「v6プラス」 は 「IPoE方式」を利用してIPv6接続していますが、「IPv4接続」も IPv6にカプセル化して (IPv4 over IPv6) 通信しているので、ISPの認証が必要な「IPv4 PPPoE方式」のような混雑しているNTTとISPの間にある「網終端装置」を通らずにスムーズな通信ができています。

4.フレッツ網だけの速度測定

ちなみに、サービス情報サイトの中には今までのようにフレッツ網内だけの速度測定もできるようになっています。
サービス情報サイトのTOP画面から「各種サポート」上から2段目の
「フレッツ光 通信速度測定」を選択します。

Speed Test画面が出たら「計測スタート」を選択します。

こちらの方はIPv6の測定結果だけ表示されました。
同じフレッツ網内だけの速度測定ですけどこちらの測定結果の方が速度が速く表示されます。
何度測定してもフレッツ網内の速度はコチラのほうが速度がでています。
先ほどのは「インターネット区間」の方がフレッツ網内より速度が速い結果となっていましたので「フレッツ網内」だけはコチラの方が信頼度が高いように思います。
いずれにしても速度測定はあくまでも目安程度に考えておいたほうが良いです。

他のサイトにもたくさん速度測定サイトはありますので複数のサイトで速度を定期的に測っておくと、自分の自宅の回線がどの位のスピードなのか把握できていいかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。