意思が弱くてもタバコをやめられる考え方。【自分の体験談】タバコがやめられない人【必見】

 最近ではタバコが吸える場所ってどんどん少なくなってきていますよね。吸いたくてもなかなか吸えなくてイライラする事も多いと思います。

この先も吸える場所がさらに減ってくるでしょう。喫煙者が1時間に1回おそってくる「吸いたい」という衝動を何回も我慢しなければなりません。

で、あればこれから何度も何度も一生我慢することを考えるならば、最初の2週間だけタバコを吸うのを我慢してみましょう。そうすれば後はストレスフリーです。

自分の場合は、意思が弱いのでこの先、行く先々で何度もずっと我慢していかなければならないのが、とても苦痛に感じました。

であれば

最初の2週間まとめて我慢しちゃえ、生涯の我慢する回数は圧倒的に少なくてすむな・・・」と考えました。

この考え方で意思の弱い自分でも10年前に「タバコをやめることに成功」しました。

なんどもなんども我慢しなくていい!
最初にまとめて我慢すればあとはラッキー!

毎月のタバコ代・・・もったいないですよ。
みなさんも是非、お試しください。